本文へスキップ

腰痛などの治療薬 糾励根、体重管理やダイエットに人気の酵素玄米ごはん もちっと玄米を通販しております。

TEL0120-264986携帯電話からは03-3971-2601

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-3 キウレイコンビル8F

温湿布冷湿布の違い

温シップ冷シップは症状により使い分ける必要があります。

 一般的に「温湿布」は貼ると温かく感じることにより痛みの感覚が和らぎ、「冷湿布」は冷たく感じることにより痛みの感覚が和らぎます。また、どちらも一時的には湿布を貼ることにより皮膚表面の温度は少し下がります。しかし、その後の作用に違いがあります。

「温湿布」はトウガラシの成分であるカプサイシンが含まれております。カプサイシンは血行を促進し、患部の温度を上げる作用があります。そのため、血行が悪い場合や患部が冷えているような状態であったり、慢性期であるときは温湿布が適しております。

「冷湿布」はメントールなどの冷感成分が入っており、カプサイシンのような患部の温度を上げる作用がありません。また、その他に炎症を抑える成分が配合されているので、怪我をした直後など、炎症がある時に貼るのは冷湿布が適しております。


例えば打撲や捻挫などの怪我をした場合、直後は炎症があるため熱をとる「冷湿布」を貼り、炎症が治まった後は「温湿布」を貼ります。「冷湿布」を貼る代わりに氷などで冷やす方法(アイシング)もありますが、アイシングに詳しくない方が行うと患部を冷やしすぎてしまい、血行を阻害させ、逆に治りにくくなってしまったり、症状を悪化させたり、場合によっては凍傷をおこすこともあります。アイシングの知識が無い方は氷を使ったアイシングは避けた方が無難でしょう。

また、ギックリ腰になった直後は患部が炎症をおこしているので、患部を温める温湿布は適しておりません。「温湿布しかなかったのでとりあえず貼ろう。」と貼ってしまうと、良い結果とならない場合があります。

温湿布、冷湿布は適切に使うことで症状を改善させるのです。

 
      「温湿布」「冷湿布」両方の効果をもつ
 「外用塗布薬 糾励根(きゅうれいこん)」
  

 「外用塗布薬 糾励根(キュウレイコン)」は貼ると温熱感がありますが、「温湿布」、「冷湿布」どちらの効果もありますので、温湿布を貼った方が良いか、冷湿布を貼った方が良いか判断が難しい時でも貼ることができます。
生薬(薬用植物)10種を配合した糾励根はギックリ腰や打撲、捻挫の直後でも、慢性的な腰痛、がんこな肩こり、四十肩、五十肩のような肩の痛みにもお使いいただけます。
  糾励根は粉末の薬です。水で練り、専用の「糾励根シート」などに塗り、患部に貼ります。
外用塗布薬 糾励根のページはこちら

外用塗布薬 糾励根の使い方はこちら
 

shop info店舗情報

株式会社 霜鳥研究所

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-47-3
 キウレイコンビル8F
TEL.03-3971-2601
FAX.03-3984-6756